5イニングの野球ベット戦略

野球の賭け

スポーツの野球は、近年ではかなり綿密に調べられています。ホームラン率は膨大に高く、三振率もしかりです。ピッチングの開始は、ブルペンや特殊のリリーフでは一見価値が下がっています。サインの略取は、潜在的にゲームの純粋性を汚してきました。また、年々ゲームのスピードアップを助けるルール導入の噂があるようです。この最後のポイントは、野球に賭けたくなくなるベッターの最大の原因となるかも知れません。ゲームが長すぎると、現金を賭けるかどうかを見るためだけにイヤイヤ4時間の試合を見る人もいるでしょう。

ブルペンを状況から外す

何百万人ものベッターは、ブルペンが後半のリードを台無しにするのを見るためだけに勝っていたチームでの賭けに負けるイライラを経験したことがあります。現在の野球では、先発ピッチャーはゲームを短くするように努めています。これは、ブルペンの強力な力の一団のために先発を避けるマネージャーの成果です。ジェイコブ・デグロム、マックス・シャーザー、スティーブン・ストラスバーグなどの特定の先発ピッチャーは、スタッフの「働き手」です。ですが、デグロム、シャーザー、ストラスバーグは、ゲームごとに投げるイニング数は平均でそれぞれ6.4、6.4、6.3イニングです。つまり、それぞれのブルペンは開始では平均で最低アウトを6個取る責任があるということです。

5イニングラインの賭けでは、これは通常はブルペンをゲームへの要因から外します。デジコブ・デグロムのサイヤング・キャンペーンでは、2019年に32回先発しました。この先発のうちわずか2度だけ、5イニングまで持つことができませんでした。つまり、ベッターがデグロム先発で5イニングのラインに賭けたら、ほとんどの部分で、賭けたのは責任を持たないリリーフではなく、デグロムのピッチング能力ということになります。

デグロム先発に関する詳しい統計では、もっと意味深な情報を明らかにします。204イニングでわずか59点しか取られていません。彼が先発の時のリリーフの81イニングでは、メッツブルペンは77点許しています。このようにジェイコブ・デグロムに5イニングで、または彼に対して賭けるなら、少なくとも理論的にベッターは実行することをもっと正確に査定できます。これは、デグロムのイニングの40%よりももっと点数を与えるブルペンの偶然性に相対しています。もうひとつの例としては、ワシントン・ナショナルズです。レギュラーシーズンのナショナルズの先発ピッチャー全体の防御率は、3.53です。ブルペンは、史上でもひどく、すべてのリリーフでの平均防御率は5.66でした。先発ピッチャーとリリーフピッチャー間の防御率の不均衡で確実にリサーチしたベッターは、試合全体の代わりに5イニングの点で大きな長所を見つけることができます。

5イニングラインと試合全体のライン間のオッズの不均衡を探す

一般的に、チームの試合全体 vs. 最初の5イニングの勝利に対するマネーラインオッズは、大きな違いがありません。例えば、デグロムが先発でニューヨークメッツがゲームに勝つことが-200の場合、最初の5イニングで勝つためには-190と-240の間のどこかになるでしょう。このようにベッターはブルペンの防御率 vs. 先発ピッチャーの防御率などの統計を考慮することができます。または、ピッチャーの人数や、ラインアップを通じて2番目、3番目の違いを見ることに勝ちを見つけることができます。

大抵の場合、5イニングラインの上 / 下は、試合全体の合計の半分です。ですから、8の上 /下だったゲームは、4の上 / 下の5イニングがあるでしょう。ブルペンを状況から外すなら、潜在的に片方または合計で反対に大きな勝ちがあります。加えて、ホームチームが9イニング目の先行の後に試合に勝っているなら、後攻では打者が打つ必要はありません。このように潜在的に得点を入れることよりもアウトが3つ少ないのです。超リームとも同じ数のアウトに向けて打つので、ベッターは、この考えが5イニングラインの要因には絶対にならないということに注意すべきです。

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *